ゼファー750で片道150km計300km走行!お尻の痛みは?

2017年7月4日

DSC_3652

先日片道約150kmの距離ある出雲大社までゼファー750で走ってきました。

今日はゼファー750での150km走ったお尻の痛みについてレポート・レビューしたいと思います。

 

 

ゲルザブがないとやっぱりお尻が痛い・・・

私はお尻がすぐ痛くなる方なのでいつもはゲルザブをゼファー750に装着して走るのですが、この日は朝5時出発だったということもあり、急いでいてシートの上に装着をしておらず、走っている途中でゲルザブがないことに気づくことになりました。

 

ゼファー750自体の調子は良好で加速も十分ですごく楽しかったのですが、肝心のお尻は痛かったです。。。

 

ゲルザブがないとこんなにもお尻が痛いのかと改めて痛感しました・・・。

 

私自身のゼファー750はバックステップの仕様になっているので、足を置く位置が上にあげられよりお尻の坐骨がでるような感じでシートに座っています。

 

結果的なことを言うと、150kmを走る中でもゼファー750では50kmも走るとかなり休憩したいくらいお尻が痛くなりました。

 

 

ゼファー750で50km以上走るなら今後ゲルザブはつけよう

だいたい50kmごとに休憩を5分~10分取りながら走ったのですが、休憩してお尻の痛みは回復するものの、またお尻がすぐに痛くなるのを繰り返していました。

 

ゲルザブを装着すれば50kmくらいならお尻があまり痛くならないはずなんで、最初からつけていなかったことを今回は後悔しています。。。

 

次出雲大社に行くときは必ずゲルザブを付けて走ろうと思います!!

 

関連リンク

アドレスにゲルザブをつけて走った(300km)インプレ・レビューはこちら

 

【あとがき】

※やっぱりゲルザブありとなしではだいぶ違います。 めんどくさくても早く気づいたら帰ってつけて再出発しておけばよかったと後悔です。。。

 

ゲルザブの詳細リンク

ゲルザブ商品が欲しい方・詳細確認は販売ページより確認してみてください。

ゲルザブRについてはこちら(販売ページ)

 

© 2020 バイクでお尻が痛いのを軽減したい方におすすめの座布団を紹介