バイク お尻が痛い 軽減したい 座布団

バイクでお尻が痛いのを軽減したいのなら絶対この座布団がおすすめです!

エアホーク2装着で800kmの日帰りツーリング!お尻の痛みは?

読了までの目安時間:約 7分

 

 

2017年10月広島から大阪に向けて日帰りツーリング行ってきました!!
いろいろ寄り道をしたので、片道約400kmの往復800km走行。

 

1日で800kmとなると絶対お尻が痛くなるのが分かっていたので、エアホーク2を装着してでの走行~!!

 

airhawk2rei

 

実際にエアホーク2をつけて走ってみてのお尻の痛みはどうだったのかレポートしてみたいと思います。

 

 

エアホーク2装着での800km走行レポート

 

今回大阪まで乗っていたバイクはゼファー750です。
私自身ゼファーに乗るとけっこう短い距離(50kmくらい)でもお尻が痛くなるのでエアホーク2を装着してでの走行です!

 

DSC_3556

 

それでは早速走行レポートしていきます。
(走った距離をベースにレポートしていくので、こまかな止まった場所などのレポートは今回省略します。)

 
まず高速道路にのって約120kmほど走行しました。

着いたサービスエリアが福山サービスエリア。

 

 

自宅から下道・高速を踏まえて120km・1時間30分くらい休憩なしで走行した結果ですが、お尻についてはほとんど痛くなかったです。全然お尻余裕!!

ただ手首が痛い!というのが印象に残っています。

 

 

 

高速道路走行で手に力が入るし、グローブ自体も安価なものでグリップがあまりいいものではないので、握力がいります。

 

 

そして約50kmごとにサービスエリア(パーキングエリア)に止まりながら走っていたら、だいたい200kmくらい走行してからお尻が痛いのが気になり始めました。

 

 

200km走った感じは、ちょっとお尻痛いな~という感じです。

 

 

この痛いな~という感じは200~300kmくらいまでお尻が痛いな~という感覚が続くような感じです。

 

 

 

もう早くすぐにでも休憩したいくらいお尻が痛い!!と思うようになったのは300km前後くらいです。(だいたい280kmくらいからかなり痛い)

 

 

 

エアホーク2装着といえど300kmを超えてでの走行となると、かなりお尻は痛くなります。今回ちょうど300kmが三木サービスエリアだったので、ここで大休憩をとることにしました。

 

 

 

30分近く休憩を取りお尻の痛みはかなりひかせることができました。

 

 

 

三木サービスエリアを出発してからはノンストップで大阪の目的地380kmほど走り切りました。

 

 
昼ご飯を食べて1時間30分近く休憩したので、ここでもかなりお尻の痛みは軽減されました。
DSC_3575

↑「大阪道頓堀発祥の神座のおいしいラーメン」
関西に行ったら必ず食べて帰るラーメン。今回もおいしかったです。

 

 

 

 
昼食を食べて帰りも行き同様に380km以上の道を走行して帰ります。

帰りは姫路にも寄り道をしたので、行きよりも走行した距離は多かったです。

 

 

 

行きが約380km。帰りが約420km。累計800km。

 

 

 

前半100km近く連続で走るとお尻が痛かったこともあったので、帰りは50~60kmごとに休憩をとるように走りました。

その結果、前半のダメージがあることから常にお尻が痛い感じはあるものの、すぐにでも休憩したいほどの悶絶レベルを間逃れることはできました。

 

 

 

 

後半広島に向けての走行においてヤバイくらいのお尻の痛みはありませんでした。

ただそれ以上に「手首」「首」「肩」が常にかなり痛かったです。

 

 

 

走行距離で言うと帰りの600kmを超えたあたりから疲労がかなりきてました。。。

 

 

 

エアホーク2を付けて800km装着の感想

 

今回はエアホーク2一本でのお尻の痛み対策。

走行して思ったのは、やっぱりエアホーク2があるのとないのでは、全然違います。

 

 

一つの基準としては200kmがポイントになると私は思いました。

 

 

200kmまではそこまで痛みを気にしなくていい。

ただ200kmを超えたら結構お尻が痛くなってくる。

 

 

お尻の痛み軽減のためには、理想的なのは50kmごとくらいになるべく休憩がベストだと思います。
スパッと進みたいときだけ100kmくらいで休憩でいいように思いました。

 
休憩時間も5分だと気持ち回復。20分でだいぶ回復。1時間の休憩でかなり大きくお尻の痛みが回復するように思います。
エアホーク2で痛みを軽減することも大事だけど、それ以上に休憩が大事。こまめに休憩するかしないかで大きく変わる。

 

 
お尻の痛みについてはエアホーク2とこまめな休憩をしっかりすればバッチリだと思いました。

 

 
ちなみにエアホーク2の耐久性については高速道路を1日中乗って走っても全然大丈夫です。

 

 
以上、広島⇒大阪間の800km走行レポートでした。
皆様の参考になればと思います~!!

 

 

ゼファー750で片道150km計300km走行!お尻の痛みは?

読了までの目安時間:約 3分

 

DSC_3652

 

 

先日片道約150kmの距離ある出雲大社までゼファー750で走ってきました。

 

 

私はお尻がすぐ痛くなる方なのでいつもはゲルザブを装着して走るのですが、この日は朝5時出発だったということもあり、急いでいて装着をしておらず、走っている途中でゲルザブがないことに気づくことになりました。

 

ゼファー750自体の調子は良好で加速も十分で楽しかったのですが、やっぱりお尻が痛かったです。。。

 

 

ゲルザブないとこんなにも痛いのかと改めて痛感しました・・・。

 

 

私自身のゼファー750はバックステップの仕様になっているので、足を置く位置が上にあげられよりお尻の坐骨がでるような感じでシートに座っています。

 

 

結果的なことを言うと、50kmも走るとかなり休憩したいくらいお尻が痛くなりました。

 

 

だいたい50kmごとに休憩を5分~10分取りながら走ったのですが、休憩してお尻の痛みは回復するものの、またすぐに痛くなるのを繰り返していました。

 

 

ゲルザブを装着すれば50kmくらいならお尻があまり痛くならないはずなんで、最初からつけていなかったことを後悔しています。。。

 

 

次出雲大社に行くときは必ずゲルザブを付けて走ろうと思います!!

 
⇒⇒アドレスにゲルザブをつけて走った(300km)インプレ・レビューはこちら

 

 

 

【あとがき】

※やっぱりゲルザブありとなしではだいぶ違います。
めんどくさくても早く気づいたら帰ってつけて再出発しておけばよかったと後悔です。。。

 

 

 

 

ゲルザブ商品が欲しい方は販売ページより確認してみてください。

⇒⇒ゲルザブRについてはこちら(販売ページ)

 

 

ゲルザブRをつけて片道300km超えのツーリング!お尻は痛くなるのか?

読了までの目安時間:約 5分

 

先日2016年11月に広島から大阪にむけて300km以上ある距離をツーリングしてきました~!!

 

普通にこれくらいの距離を走ると間違いなくお尻が痛い感じになってくるので、今回はゲルザブRを装着してのツーリングです!

 

 

ゲルザブR装着バイクはアドレスV125

アドレスV125RにゲルザブRをつけてのツーリング

 

 

ゲルザブRを装着してのツーリングは初めてだったので、効果がどの程度あるのか?お尻は痛くならないのか?

非常に楽しみです(^^)

 

 

わくわくしてたのは束の間ツーリング当日になり旅立ちました~!(^^)!

 

 

 

今回はみなさんがツーリングの内容が知りたい情報ではないと思うので、ツーリング内容は省略させていただきます(^_^;)

 

 

肝心の300km以上走ってのゲルザブRの効果ですが、

効果間違いなくあります!!

 

 

今までツーリングで1時間もたてばお尻が痛いとなっていたのが、1時間たったくらいでは痛いではなく、なにか違和感があるなという感じになりました。

 

 

ちょっと感想が微妙ですね(^_^;)

「違和感がある」

 

ちょっと伝えにくいのですが、痛いわけではないのですが、なんか気になるな~というのがある感じです。

 

 

違和感を感じたのが距離にするとだいたい50kmくらいだったと思います。

 

 

もしかしたらお尻が痛くなるかもとお尻に神経が集中しすぎたので、違和感があるという風に感じた気持ちになってしまったかもしれません。

 

 

ただでさえアドレスV125はバイパスにも乗れないので広島から大阪にかけてはものすごい時間がかかりました。

 

 

休憩したりもいれて全部で11時間。

 

 

ただこまめに休憩をいれていたので身体の疲れ・お尻の痛みの緩和になっていたのもあると思います。

 

 

11時間のツーリングを走り切ってお尻がまったく痛くならなかったのかというとそんなことはありません。お尻は痛くなりました。

 

 

時間で言うとだいたい3~4時間たってからはお尻が何か痛いなという感じがありました。

 

距離で言うとだいたい150kmくらいたってからです。

 

 

お尻が痛いな~と思うようになってからはこまめに休憩をとったり信号待ちがあるときはあえて立って待ったりすることによりお尻が痛いとそこまで思わなくなりました。

 

 

まとめ

 

ゲルザブRをつけて300km超えの距離を走ってみてお尻が痛くなったのかというとお尻は痛くなりました。

 
ただゲルザブRをつけることによってお尻が痛くなるスピードは格段に遅くなりました。

 

 

私の場合でいうと1時間でお尻が痛くなる傾向でしたが3~4時間くらいでお尻が痛くなるような感じでした。

 

 

ゲルザブは乗り始めてからお尻が気持ちいいという感じではないです。

痛みが出にくくなるものと考えた方がよさそうです。

 

 

ゲルザブRを検討している方・バイクでお尻が痛いのをなんとかしたいと考えている方の参考になればと思います!

 

 

それではでは・・・

 

 
⇒⇒ゲルザブRの購入についてはこちら(販売ページ)