バイク お尻が痛い 軽減したい 座布団

バイクでお尻が痛いのを軽減したいのなら絶対この座布団がおすすめです!

エアホーク2装着で800kmの日帰りツーリング!お尻の痛みは?

読了までの目安時間:約 7分

 

 

2017年10月広島から大阪に向けて日帰りツーリング行ってきました!!
いろいろ寄り道をしたので、片道約400kmの往復800km走行。

 

1日で800kmとなると絶対お尻が痛くなるのが分かっていたので、エアホーク2を装着してでの走行~!!

 

airhawk2rei

 

実際にエアホーク2をつけて走ってみてのお尻の痛みはどうだったのかレポートしてみたいと思います。

 

 

エアホーク2装着での800km走行レポート

 

今回大阪まで乗っていたバイクはゼファー750です。
私自身ゼファーに乗るとけっこう短い距離(50kmくらい)でもお尻が痛くなるのでエアホーク2を装着してでの走行です!

 

DSC_3556

 

それでは早速走行レポートしていきます。
(走った距離をベースにレポートしていくので、こまかな止まった場所などのレポートは今回省略します。)

 
まず高速道路にのって約120kmほど走行しました。

着いたサービスエリアが福山サービスエリア。

 

 

自宅から下道・高速を踏まえて120km・1時間30分くらい休憩なしで走行した結果ですが、お尻についてはほとんど痛くなかったです。全然お尻余裕!!

ただ手首が痛い!というのが印象に残っています。

 

 

 

高速道路走行で手に力が入るし、グローブ自体も安価なものでグリップがあまりいいものではないので、握力がいります。

 

 

そして約50kmごとにサービスエリア(パーキングエリア)に止まりながら走っていたら、だいたい200kmくらい走行してからお尻が痛いのが気になり始めました。

 

 

200km走った感じは、ちょっとお尻痛いな~という感じです。

 

 

この痛いな~という感じは200~300kmくらいまでお尻が痛いな~という感覚が続くような感じです。

 

 

 

もう早くすぐにでも休憩したいくらいお尻が痛い!!と思うようになったのは300km前後くらいです。(だいたい280kmくらいからかなり痛い)

 

 

 

エアホーク2装着といえど300kmを超えてでの走行となると、かなりお尻は痛くなります。今回ちょうど300kmが三木サービスエリアだったので、ここで大休憩をとることにしました。

 

 

 

30分近く休憩を取りお尻の痛みはかなりひかせることができました。

 

 

 

三木サービスエリアを出発してからはノンストップで大阪の目的地380kmほど走り切りました。

 

 
昼ご飯を食べて1時間30分近く休憩したので、ここでもかなりお尻の痛みは軽減されました。
DSC_3575

↑「大阪道頓堀発祥の神座のおいしいラーメン」
関西に行ったら必ず食べて帰るラーメン。今回もおいしかったです。

 

 

 

 
昼食を食べて帰りも行き同様に380km以上の道を走行して帰ります。

帰りは姫路にも寄り道をしたので、行きよりも走行した距離は多かったです。

 

 

 

行きが約380km。帰りが約420km。累計800km。

 

 

 

前半100km近く連続で走るとお尻が痛かったこともあったので、帰りは50~60kmごとに休憩をとるように走りました。

その結果、前半のダメージがあることから常にお尻が痛い感じはあるものの、すぐにでも休憩したいほどの悶絶レベルを間逃れることはできました。

 

 

 

 

後半広島に向けての走行においてヤバイくらいのお尻の痛みはありませんでした。

ただそれ以上に「手首」「首」「肩」が常にかなり痛かったです。

 

 

 

走行距離で言うと帰りの600kmを超えたあたりから疲労がかなりきてました。。。

 

 

 

エアホーク2を付けて800km装着の感想

 

今回はエアホーク2一本でのお尻の痛み対策。

走行して思ったのは、やっぱりエアホーク2があるのとないのでは、全然違います。

 

 

一つの基準としては200kmがポイントになると私は思いました。

 

 

200kmまではそこまで痛みを気にしなくていい。

ただ200kmを超えたら結構お尻が痛くなってくる。

 

 

お尻の痛み軽減のためには、理想的なのは50kmごとくらいになるべく休憩がベストだと思います。
スパッと進みたいときだけ100kmくらいで休憩でいいように思いました。

 
休憩時間も5分だと気持ち回復。20分でだいぶ回復。1時間の休憩でかなり大きくお尻の痛みが回復するように思います。
エアホーク2で痛みを軽減することも大事だけど、それ以上に休憩が大事。こまめに休憩するかしないかで大きく変わる。

 

 
お尻の痛みについてはエアホーク2とこまめな休憩をしっかりすればバッチリだと思いました。

 

 
ちなみにエアホーク2の耐久性については高速道路を1日中乗って走っても全然大丈夫です。

 

 
以上、広島⇒大阪間の800km走行レポートでした。
皆様の参考になればと思います~!!

 

 

エアホーク2DS買ってみました!お尻の痛みはゲルザブより痛くない?

読了までの目安時間:約 4分

 

airhawk2

 

バイクのお尻の痛さをなんとかしたいとゲルザブを買ったのですが、長距離を走るとまだお尻の痛みが気になるのでやっぱり何とかしたいと思い、ネットでいろいろ検索しました。

 

いろいろ検索した結果私は、「エアホーク2」にたどり着きました。
エアホーク2は普通の座布団と違い、空気を入れてお尻を浮かすという今までにないものだったので、自分の中の興味が爆発して気づいたら買ってしまいました~(^^)!!

 
買ったエアホークがこちら!

↓↓↓↓↓

airhawk2reinakami
エアホークの箱の中身はほとんどありません。

 

 

本体と止めるベルトくらい。写真に紙が見えますけど、これは説明書ではない1枚のペラ紙です。

 
とりあえず実際にエアホーク2使って乗ってみました!!

 

 
今回エアホーク2を取り付けたバイクはゼファー750!

 

soutyaku
エアホーク2は自分で空気を入れて使います。

 

けっこうこの空気のいれる量が難しくて、公式の情報をみるとほんのちょっとでいいとのことでした。

 

 

実際に乗ってみると・・・

 

 

なんかいつもとバイクに乗っている感じが全然違います。

 

 

 

なんでしょう。浮いてます。笑

 

 

イメージとしてはミニうきわにずっと乗っているイメージです。

 

 

 

空気が多かったせいか、乗っていてタンクにグリップもしずらく、途中ですぐエアホーク2の空気を減らしました。

 

 

再度空気を減らして乗った感じは、グリップはよくなったものの、ちょっとお尻の位置が動いたりして乗りにくいという感じでした。

 
とりあえず1時間約50kmの距離を走ってみました。
肝心のお尻の痛みについては、けっこういいです。

 

 

 

乗っているときのグリップしない感じとか、浮いてる感じの違和感はあるものの、お尻が痛いという風にはほぼ思いませんでした。

 

ゲルザブよりエアホーク2はお尻の痛みはないように思います。

 

 

ただ乗りにくさで言うとゲルザブより乗りにくいです。

 

 

 

グリップしてる感覚は薄く、浮いてる感じが慣れてないせいか変な感じです。

 

 

 

乗りやすさよりもお尻の痛みを極限まで減らしたい・軽減したいという人にとってはエアホークの方がいいのではないかと個人的に思いました。

 

皆様の参考になればと思います(^^)!!

 

 

 

エアホーク2の購入であったり、詳細確認については販売ページより確認してみてください。

⇒⇒エアホーク2についてはこちら(販売ページ)