バイク お尻が痛い 軽減したい 座布団

バイクでお尻が痛いのを軽減したいのなら絶対この座布団がおすすめです!

バイクツーリングでお尻が痛いのならバイク専用の座布団を使いましょう!

ツーリング中にお尻が痛いのならバイク用の座布団を使おう

 

バイクに乗って遠出のツーリングをすると何かとお尻が痛くなりますよね。

 

とくに薄いシートのバイクだと、体の疲れよりもお尻の痛みのつらさが先にきます。

 

お尻が痛くなってイライラするとせっかくのツーリングも台無しになってしまいますよね。

 

そんなバイクに乗った時に出るお尻の痛みを軽減してくれるいいアイテムが実はあるんです!!

 

 

 

 

 

どんなアイテムかというとそれは・・・

 

バイク用の座布団です!!

 

 

 

 

えっ?バイク用の座布団(^_^;)?

 

ん、座布団?

 

かっこ悪すぎるんじゃない?

 

座布団なんてつけたら足がつかないんじゃない?

 

 

 

 

 

 

いろいろ思う方もいるかもしれませんが、

 

最近ではバイク用の座布団って普通にけっこう売れているんです。

 

 

 

 

 

今日まで知らなかった方はこれを機にぜひ使ってみるといいと思います。

 

お尻の痛みがかなり改善されてツーリングが楽しくなります(^^)!

 

それでは、バイク用の座布団についてこれから紹介していきたいと思います!

 

 

 

バイク用の座布団の種類と定番

 

近所にバイク用品の販売をしているナップスや2りんかんといったお店がある方は

 

もうご存知かもしれませんが、バイク用の座布団は最近けっこうよく売られています。

 

 

 

先日私自身がナップスにいって陳列されていた

 

バイク用の座布団をまずは紹介したいと思います。

 

 

 

■ゲルザブR↓↓

 

 

 

■ゲルザブS↓↓

 

 

 

■ツーリングサポートシートカバー

 

 

 

私がいったナップスでは上記の3つの商品が売られていました。

 

 

 

この3つの商品の特徴をひとつずつ言っていくと、

 

 

◆ゲルザブRは・・・・

 
まずそもそもゲルザブってなんなのかというと
クッションのゲルが入ったザブトンを略してゲルザブという感じなようです。

 

このゲルザブRは一番お店の中でも大々的に売られていて、
座布団自体も触った感じがすごくムチムチしていて気持ちいいというのが
印象的でした。(実際に触ってみました。)

 

 

◆ゲルザブSは・・・・

 
ゲルザブSはゲルザブRと素材自体はほぼ同じの感触でした。

 

ただこのゲルザブSはゲルザブRとは違いシートの外に巻きつけて装着するタイプではなく、
シート自体の中に入れて利用するタイプになります。

 

シートの外を一回はいでその中に埋め込むタイプなので、
素人は少し敷居が高いように思いました。

 

ただシートの外側に座布団を敷くというような見た目は一切ないのでとてもスリムでかっこいいです。

 

たとえ自分でできなくてもバイク屋さんなどに頼んで
シートの中にゲルザブSを入れてしまうのもけっこういいのではと思いました。

 

 

◆ツーリングサポートシートカバーは・・・

 
このツーリングサポートシートカバーはデイトナが出しているバイク用の座布団です。

ゲルザブR・Sと触った感じを比べてみると若干硬いかなと私は思いました。

 

ただこのツーリングサポートシートカバーについては、シート後ろにミニ背もたれがつくので
お尻の下とはべつに腰の楽さがでてくるものだと思いました。

 

 

 

 

3つバイク用座布団を紹介してきましたが、

この3つの中での定番商品は「ゲルザブR」です。

 

 

まずお店自体で大々的に広告があったり、
陳列自体でもおすすめ商品として大々的に売られていました。

 

 

 

結局おすすめなのはどれ?どれを買えばお尻の痛みは一番軽減できる?

 

そうですよね(^_^;)

ここが一番大事ですよね。

 

どれを買えば肝心のお尻の痛みから解放してくれるのか?については

群を抜いて「ゲルザブR」だと私は思います。

 

まずゲルザブRのゲル自体がかなりやわらかくかつ弾力のムニムニ感があって

乗っていてもお尻もかなり痛くなりにくいと思います。

 

 

ゲルザブSもいいとは思いますが、若干ゲルザブSよりコンパクトサイズにもなるので

シートの中に入れてすっきりしてかっこいいとは思いますが、お尻の痛みの吸収力のことを考えると

すこし頼りない感じがあります。

 

 

デイトナのシートカバーについては、背もたれがあり腰にもいいと思いますが、

やはりシート自体の硬さはゲルザブの方が柔らかいので

お尻の痛みの対策としてはゲルザブRが一番ベストだと思います。

 

 

ゲルザブRの詳細をもう少し詳しくお伝えすると

 

ゲルザブRを装着したイメージはこんな感じです

↓↓↓↓↓

geozabimage

 

 

31wvetnhlxl-_sx355_

↑↑ゲルザブR自体
ゲルザブRをシートの上から下に長い紐を通してマジックテープで固定します。

 

座布団を装着しているので少しシート高が高くなりますが、

座布団の厚み自体がだいたい1cm程度なのでそこまで大きく足つきは変わりません。

 

見た目もゲルザブがない方がもちろんいいとは思いますが、

私個人的にはそこまでかっこ悪くなったという印象はありません。

 

 

まとめ

 

ツーリングでのバイクに乗るときのお尻の痛みを軽減させるには

バイク用の座布団を備え付けるのがかなりの痛みを軽減してくれます。

 

 

体感で言えば30分でお尻が痛くなってたのが、2時間くらいで痛くなってきたという感覚です。

 

 

どうしても長時間乗るとお尻は痛くなるけど、普通に乗るよりは段違いに痛くなりにくくなります。

 

 

バイク用座布団もいろいろありますが、

やはり定番商品ということもあるようにゲルザブRが安定してお尻の痛み対策としては

一番いいように思います。

 

 

私も今現在は使っていますが、ゲルザブRはかなりいいです(^^)

 

 

バイク乗車時のお尻の痛みをなんとかしたい!!という方は

ぜひぜひ騙されたと思ってぜひ1回使ってみてくださいね。

 
⇒⇒ゲルザブRの商品についてはこちらから購入・確認してみてください。